MENU

スピーチ恐怖症

スピーチ恐怖症でお悩みではありませんか?
スピーチ恐怖症は、不安障害がある方の中で最も多い症状ですね。

 

 

大勢の人の前で話をしょうとすると、何だか息苦しさを感じたり、体に震えが出てきて抑えられなくなってしまい、冷や汗が出てきて顔も赤らんできて、頭の中が真っ白になってしまい言葉が出てこなくなり平静さを失ってしまう。

 

 

そんな状態を大勢の人の前で見られ注目されることで、恥ずかしさと焦りで、余計に言葉が出てこなくなってくるのです。1回でもこういった体験をすると、同じようなスピーチする場面でも、また同じ失敗を繰り返すのではないかという強い不安や恐怖に見舞われます。

 

 

その為、大勢の前で大失態をしたことで、同じようなスピーチの機会を避けるようになり、場合によっては仕事や学校に行くことが出来なくなったりすることもあります。

 

 

人前で注目されるような場面では、誰しも一時的に強い緊張感に襲われて、慌てたりしてしまうことは珍しくありません。ですが、普通の人より強い不安と恐怖に襲われることで、自分に自信を喪失させてしまい、通常では考えられない程とても落ち込んでしまいます。

 

 

こういったスピーチ恐怖症の原因は、脳の神経伝達物質がアンバランスになるからだと考えられています。
ですが、これは本人や周囲の人も生まれ持った性格だと思いがちですが、単なる性格や個性ではなく治療が可能です。

 

 

もし、あなたが仕事や学校で、人前に出てお話しする機会が増えたなど、スピーチ恐怖が深刻な悩みになっているなら、この新田義治さんの恐怖症改善マニュアルDVDのあるテクニックを使えば、早ければ5分足らずで根強いスピーチ恐怖症を解消させることもできます。

 

医者や薬にも頼らない画期的な恐怖症改善法!

 

恐怖症改善マニュアルDVDの詳細を見てみる