MENU

あがり症

人前にでると、なぜかあがってしまう…
人からどう見られれているか気になってしまう…

 

 

など、こうした悩みや思いは多くの人が抱えています。
実際に、日本では9割の人が自分はあがり症だと自分で思っているそうです。

 

 

そして、気づくと人付き合いが上手く出来ずに引っ込み思案、あがり症、対人恐怖症、赤面症になり人間関係に疲れ果て社会生活に支障をきたす人も少なくありません。

 

 

ですが、誰でも大勢の前でスピーチや仕事でのプレゼンテーションをするときは緊張やプレッシャーを感じ、不安な気持ちが先にたってしまうことはよくあります。

 

 

緊張のあまり、身体が震えたり、足がガクガクしたり、声がうわずってしまい頭が真っ白になってしまう人も少なくないでしょう。
更に、意識すればするほど緊張してしまうものです。

 

 

そして、気づかない内に多くのストレスを抱え、それが様々な別の症状となり悪循環を招きます。
ですが、こうした心の病気は何もしないで自然に良くなることはありません。

 

 

緊張しすぎたり、不安になる人は脳の中がいつもと違う状態になっています。
これまでは、こうしたあがり症、赤面症,対人恐怖症などの不安障害は、持って生まれた性格だと思われた来ましたが、
現在は社交不安障害という診断がなされるようになり、早期発見・治療をすれば治すことが可能です。

 

 

もし、あなたが人前に出ると震える、人前で自己紹介など話すのが苦手だったり大量の汗をかく、字を書こうとすると手が震えて上手く書けないなどの症状は軽く見られがちですが、本人にとってはとても辛いものです。

 

 

そして、その緊張や不安、恐怖の為に生活に支障をきたしているなら、適切な治療をすることで治すことができ、そのつらい悩みは改善されることが可能です。

 

 

医者や薬にも頼らず対人恐怖症、あがり症、赤面症、不安障害をたった5分で解消!

 

恐怖症改善マニュアルDVDの詳細を見てみる