MENU

対人恐怖症

対人恐怖症は、自分のことを相手がどうおもっているのか気になり対人関係に不安や恐怖を強く感じてしまう病気です。
他人と一緒ににいると不安になったり、怖いという気持ちは実は多くの人が持っています。

 

 

また、過去に自分の口臭を指摘されると、それがトラウマになり、いつも臭いのではないかなど、不安を持つケースも少なくありません。
対人恐怖症で悩んでいる人は、自分のことを周りの人がどう思っているのか、自分の存在が他人に不快感を与えているのではないかなどと思うことが不安や恐怖になります。

 

 

人からダメな人間だと思われないか、変わった奴だと見られないか、人前で恥をかくのではないか、気が小さい奴ではないかなど色々気になり、不安になります。

 

 

特に、外国人に比べ日本人は、相手がどう思っているのか気になる人が多いものです。
中には、人混みの中にいるだけで、周りにいるすべての人が自分のことを見ているのではないかと言う錯覚に陥る人もいるようです。

 

 

人と一緒だと、不安や恐怖を感じることで冷や汗や息苦しさ、震え、赤面などの症状が出る為、人を避けたりするようになります。
対人恐怖症は、不安障害など他の精神疾患が関係して複雑な症状になる場合もありますので、早期の治療をすることが大切です。

 

 

心療内科や精神科に通わずに、自宅でお金をかけずに対人恐怖症を改善する方法!

 

恐怖症改善マニュアルDVDの詳細を見てみる